TOPLOGO

代表あいさつ

社会価値、経済価値、環境価値、そして、文化価値のバランスのとれた社会へ。そのために個人と地域をサッカーでイノベーションします。

 

21世紀の人類社会は、かつて遭遇しなかった危機と可能性とが混然となり、未来へ向けての視界には海図なき海が広がっているようです。
 
教育、環境、科学技術、メディア、コミュニティ…社会と個人の暮らしを構成するどの分野にも、解決すべき課題が山積しています。

これらの状況に対する新たな解決は、多様な人々との対話と協働によってなしとげられる「共同体自治の再構築」にあるとグラスルーツサッカーアカデミーはそう考えています。
 
個人が経済的に自立し、自由な社会・経済生活を楽しみながらも、多様な文化を認め合い、コミュニティとして共存する自律分散型の持続可能な社会。
 
そうした真に豊かな社会のデザイン (=構想・実践)を、子々孫々に託すために必要なソーシャルイノベーションの起爆剤に、サッカー(スポーツ)が最善だとグラスルーツサッカーアカデミーは考え、事業の中核に据えています。


グラスルーツサッカーアカデミー 代表 福原 峰夫

ミッション

サッカーできること ... 。

 
人と人を、つなぐ・つながる・つなげる
人として、できること・やれること・すべきこと 
社会が失ったモノを持っている
子どもたちに足りないモノを持っている
サッカーを愛する人たちの想いが
ソーシャルイノベーションの起爆剤となり
家庭、学校、地域社会の抱えている問題を解決し
空洞化し底の抜けた社会を再生する。 

 伝えられたらと ... 。

 
苦しいとき、悲しいとき、たくさんあった。
それでもサッカーをやっている時は忘れられた ... 。  
痛くても、傷ついても、乗り越えなくちゃ
きっと大丈夫。ひとりじゃない。
そう想わせてくれる。サッカーが ... 。
夢を見ることの素晴らしさ、
その夢に向かって努力する大切さ
夢を分かち合える仲間の存在、
困難に立ち向かう勇気
「Soccer is My Life」
そんなことを伝えられたらと ... 。  

 届けばいいなと ... 。

 
サッカーは自由なもの。 
自己を開放し、表現できるもの。  
サッカーは、性別、国籍、年齢、人種、障がい、
セクシャリティ、サイズ、容姿に関わらず
だれもが、いつでも、どこでも、楽しめるもの。
Imagine!
全ての人が同じピッチでプレーしている光景。 
そんなことありえないと思わず、願って欲しい。
共に楽しみ、共に生きる、明日の未来を ... 。

賛同パートナー

 
 
グラスルーツサッカーアカデミーは
JFAグラスルーツ推進賛同パートナーとして
2つのテーマに取り組みます
 

団体概要

団体名  グラスルーツサッカーアカデミー
(通称 : グラサカ)
代表者  福原 峰夫
所在地  広島市安佐北区亀山
連絡先  m-fukuhara@gr-sa.com
 事業内容  ベリンダフットボールクラブの運営
 なでしこひろばの運営
 スポーツイベントの企画、実施
 ワークショップの企画、運営
 サポーターズグッズの企画、販売

沿革

2015年   5月 切断障がい者サッカーにボランティア参加
  9月 アンプティサッカーのワークショップ開催
 11月 アンプティサッカーのワークショップ開催
2016年   2月 アンプティサッカーのワークショップ開催
  3月 FA障がい者サッカー指導者講習会へ参加
    NPOひろしまジン大学とイベントを共催
  4月 グラスルーツサッカーアカデミーを設立
 11月 なでしこひろば運営開始
2017年   4月 ベリンダフットボールクラブを設立
2019年   4月 ベリンダFCをJFAに正式登録
    JFAグラスルーツ推進・賛同パートナーに