サッカーでchangeする ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ 

 

スポーツで起きている様々な問題
パワハラ、セクハラ、体罰、暴力、いじめ

 

スポーツの本質は遊び
安全で、正しく、楽しい、環境を整備します

 
 

サッカーでchangeする・・・

 

スポーツで起きている様々な問題
パワハラ、セクハラ、体罰、暴力、いじめ

 

スポーツの本質は遊び
安全で、正しく、楽しい、環境を整備します

取り組む課題 Issues
取り組む課題 Issues
 
 

「安全で、正しく、楽しい」スポーツ活動を推進し
  選手が指導力のある指導者に指導され
  才能が最大化される機会の確保を実現します 。

 

「安全で、正しく、楽しい」
スポーツ活動を推進し
  選手が指導力(ライセンス)のある
指導者に指導され
  才能が最大化される
機会の確保を実現します 

日本のスポーツは、勝利のための方程式を精神論や根性論に求めてきました。その追求のため、多くの指導者は経験値によって導き出した独自の方程式に固執し、科学的に効果が高い方法を追求することを否定し、その結果、勝利のためなら、パワハラ、暴力、体罰を容認する事態に陥りました。その環境を改善し、選手たちがスポーツ活動に心から打ち込める環境を整備します。

なでしこジャパンを目指すサッカー女子が
減少する原因はU-13〜15年代のサッカー離れ
 
最大の理由は「受け皿がないこと」
 
女子がサッカーを諦めず、ひとりでも多く
サッカーに触れ、楽しめる環境を整備します

 

なでしこジャパンを目指すサッカー女子が
減少する原因はU-13〜15年代のサッカー離れ
 
最大の理由は「受け皿がないこと」
 
女子がサッカーを諦めず、ひとりでも多く
サッカーに触れ、楽しめる環境を整備します

女子サッカーの長年の課題である「U-13〜15年代」の受け皿不足。その受け皿として、ベリンダフットボールクラブを核に、地域のみなさんと協働で、ひとりでも多くのサッカー女子が、サッカーをあきらめずに続けられ、打ち込んでいける環境を整えるための取り組みです。

サッカー(スポーツ)はみんなのもの
いつでも、どこでも、だれとでも楽しめる
 
性別、年齢、国籍、障がい、サイズ、
セクシャリティ、そんなものに意味はない。
共に楽しみ、共に生きる、
不公平、差別、暴力のない社会へ

 
 

サッカー(スポーツ)はみんなのもの
いつでも、どこでも、だれとでも楽しめる
 
性別、年齢、国籍、障がい、サイズ
セクシャリティ、そんなものに意味はない。
共に楽しみ、共に生きる、
不公平、差別、暴力のない社会へ

一人ひとり異なる存在として受け入れられ全体を構成する大切な一人として、よいところや能力が引き出され、認められ、自分の居場所があると感じられ、やりがいと意欲を持って自らの人生を生きる個人が増えることで、社会全体がいきいきとし持続的な成長することで、不公平、差別、暴力のない社会を目指すプロジェクトです。

これまでの活動

 

[%category%]

[%new:New%][%article_date_notime_dot%]

[%title%]

[%article_short_36%]