サッカーでinnovationする ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪  

 

社会価値、経済価値、環境価値、
そして、文化価値のバランスのとれた社会へ

 

包摂と持続可能で多様性にあふれた
ソーシャルイノベーションを図ります

 
 

サッカーでinnovationする・・・

 

社会価値、経済価値、環境価値、
そして、文化価値のバランスのとれた社会へ

 

包摂と持続可能で多様性にあふれた
ソーシャルイノベーションを図ります

あいさつ greeting
あいさつ greeting

"代表あいさつ"


21世紀の人類社会は、かつて遭遇しなかった危機と可能性が混沌となり、未来に向けての視界には海図なき海が広かっているようです。 教育、環境、科学技術、メディア、コミュニティ...社会と個人の暮らしを構成するどの分野にも、解決すべき課題が山積しています。
 
これらの状況に対する新たな解決法は、多様な人々の対話と協働によって成し遂げられる「共同体自治の再構築」の質がとても重要です。個人が経済的に自立し、自由な社会と経済生活を楽しみながらも、多様な文化を認め合い、コミュニティとして共存する自律分散型の社会。
 
そうした真に豊かな社会のソーシャルデザイン(=構想、実践)を子々孫々に託すために必要なソーシャルイノベーションの起爆剤にサッカー(スポーツ)が最適だとグラスルーツサッカーアカデミーは考え、事業の中核に据えています。
 
ミッション Mission
ミッション Mission

"サッカーの意味を伝えます"


ボールひとつあればサッカーがはじまり、集まったすべての人が夢中でゴールを目指す。
 
金持ちも、貧乏人も、善い人も、悪い人も、強い人も、弱い人も、大きい人も、小さい人も、男ぽい人も、女ぽい人も、若い人も、お年寄りも、北半球の人も、南半球の人も、白い人も、黒い人も、黄色い人も、少しづつ、ひとつになる。
 
そう、わかっているはず。年齢、性別、国籍、人種、カラー、障がい、セクシャリティ、サイズ、
 
そんなものに何の意味もなく、みんな人間なんだと...
 
言葉を超えたチカラ、みんなをひとつにするチカラ
 
きっとこれがサッカーがある意味なんだ。
 

 

"スポーツの価値を伝えます"


スポーツ、楽しいですか?夢中なれますか?
 
勝つことだけが目的のスポーツは自由ですか?
 
強くなること、うまくなることだけを強制されるスポーツに心から打ち込めますか?
 
スポーツの価値って、何なんですかね?
 
自己を開放し、自己を自由に表現できることだとグラスルーツサッカーアカデミーは考えます。必ずそこには「本気の遊び」がある。
 
干渉されず、強制されず、心の底から湧き上がる感情。これがスポーツの価値であり、本質。

今一度立ち止まり、周りを見渡し、胸に手を当て、何か思い当たることがあれば...

スポーツの価値、本質を伝えていくのが指導者(大人)としての責任です。
 

つなぐ・つながる・つなげる
つなぐ・つながる・つなげる

"地域活動への参加"


地域にはこれまで、様々な問題、課題に取り組まれてきた団体や個人のみなさんがいらっしゃいます。しかし、これまでの体制ではカバーしきれない状況になってきています。
 
この状況を変えていくため、家庭、学校、PTA、子ども会、自治会など地域のみなさんが、地域の問題、課題を共有していく場を創り、ひとりでも多くの方が地域のことを意識することで、「持続可能で、穏やかで、やさしい」地域づくりのネットワークを再構築していきます。
 
そして、「補完性の原理」「共同体自治」をネットワークの前提とし、自立した地域と経済を目指し、ホームタウンである安佐北区亀山の未来のため、グラスルーツサッカーアカデミーがファシリテーター役を担い、イシュー(issue)解決の一助になればと思います。
 
できること・やれること・すべきこと
できること・やれること・すべきこと

"社会の包摂"


グローバル化した経済の歪が、見えない形で私たちの生活に影響しています。厚生労働省が2015年に発表した「相対的貧困率」では、子どもたちの6人に1人の割合で該当するとしています。
 
広島県でも2017年に「生活困難世帯」を独自に発表し、4世帯に1世帯で文化的経験の機会を子どもたちが確保できないとしています。
 
これらの問題は、自己責任の範囲を超えており、構造的な問題であることを理解する必要があります。その上で、見えにくい「貧困や困窮」を、地域全体で手当していく必要あります。
 
政府の子育て支援などに加えて、子どもたちが文化的経験の機会を確保するために「ソーシャルビジネス(地域の自立経済圏)」を立ち上げ、その収益で、公正公平、機会均等な機会を確保していきます。
 
オーガニゼーション Organization
オーガニゼーション Organization

団体概要

団体名  グラスルーツサッカーアカデミー
(通称 : グラサカ)
代表者  福原 峰夫
所在地  広島市安佐北区亀山
連絡先  info@gr-sa.com
 事業内容  ベリンダフットボールクラブの運営
 カメヤマハンドボールクラブの運営
 なでしこひろばの運営
 スポーツイベントの企画、実施
 ワークショップの企画、運営
 サポーターズグッズの企画、販売

沿革

2015年   5月 切断障がい者サッカーにボランティア参加
  9月 アンプティサッカーのワークショップ開催
 11月 アンプティサッカーのワークショップ開催
2016年   2月 アンプティサッカーのワークショップ開催
  3月 FA障がい者サッカー指導者講習会へ参加
    NPOひろしまジン大学とイベントを共催
  4月 グラスルーツサッカーアカデミーを設立
 11月 なでしこひろば運営開始
2017年   4月 ベリンダフットボールクラブを設立
2019年   4月 ベリンダFCをJFAに正式登録
    JFAグラスルーツ推進・賛同パートナーに
 10月 カメヤマハンドボールクラブを設立
プロフィール Profile
プロフィール Profile

プロフィール

氏名  福原 峰夫(コーチネーム : ごん蔵)
星座  獅子座
趣味  ドラム、ゴルフ、水泳
尊敬する人物  ■矢沢 永吉(ロックンローラー)
 ■宮台 真司(社会学者)
 ■エディー・ジョーンズ(ラグビー代表監督)
DREAM  ベリンダFCから"なでしこ"を育てること
フィロソフィ  ■食べるために生きるな、生きるために食べよ
 ■無知は罪、知は空虚、英知持つものこそ英雄
 ■損得よりも正しさを

ライセンス

日本サッカー協会 サッカーC級コーチ
日本サッカー協会 フットサルC級コーチ
日本サッカー協会 キッズリーダー
イングランドサッカー協会
障がい者サッカー ゼネラル
アジアサッカー連盟 C-Licence
さっかーりょういく 初級コーチ
🏃 スポーツリズムトレーニング協会 ディフューザー
日本障がい者スポーツ協会 公認スポーツ指導員
日本スポーツ協会 公認コーチ1