ラーニングデザイン
 
ラーニングメソッド
 
 

 
CLICK   CLICK   CLICK
 
"ラーニングデザイン"とは、スポーツ育成に
STEAMプログラムを組み込み、
自ら道を切り開くチカラを習得するために
必要なメソッドを体系的にしたものです。
 
年代別ラーニングセッション
  U-8 U-10 U-12 U-15 U-18
スポーツ
教室
         
交流
クラブ

 

       
ダブル
メジャー
         
デュアル
キャリア
          

※U-8のスポーツ教室はこちら
  
 

ラーニングデザイン
 
ラーニングメソッド
 
 

 
CLICK   CLICK   CLICK
 
ラーニングデザイン"とは、スポーツ育成にSTEAMプログラムを組み込み、
自ら道を切り開くチカラを習得するために必要なメソッドを体系的にしたものです。
 
年代別ラーニングメソッド
  U-8 U-10 U-12 U-15 U-18
スポーツ教室          
交流クラブ

 

       
ダブルメジャー          
デュアルキャリア           

※U-8のスポーツ教室はこちら
 
 

  グラサカ交流クラブ
 
 

 
"育成年代の課題"
 
スポーツの本質は「遊び」です。
現代の子どもたちには、
この「遊び」が不足しています。
 
子どもたちは本来、自由なスポーツ遊び
(大人が干渉、指導しない)の中で、
社会性を学び、コミュニケーションする
ことを学んでいました。
 
「仲間、空間、時間」の減少から、
何かしらの団体に属さないと
スポーツ活動ができない状況です。
 
スポーツ遊びができず、指導者の
コーチングポリシーの薄さから、
ただ「うまくなること、勝つこと」を
強制され、貴重な学びの機会を失っています。
 
このようにスポーツ遊びで学ぶ機会が
ほとんどない今、擬似的ではありますが
ライセンスを持った指導者が、安全で、
正しく、楽しい「スポーツ遊び」を
オーガナイズし、再構築することが
必要になっています。
 


 
"スポーツファミリーとして"
 
スポーツ交流クラブは、スポーツ遊び
(社会性、コミュニケーションなどの学び)
と育成指導で大切にしている
子どもは大人のミニチュアではない」、
指導者は子どもたちの未来に触れている
というフィロソフィーを共有し、
たくさんのスポーツファミリーと
様々な垣根を超え、ひとりでも多くの
子どもたちが、自由なスポーツ遊びを
体験する場を提供したいと思っています。
 
そして、スポーツは勝ち負けにこだわる
のではなく、失敗から学ぶこと、
失敗してもやり直せること学び、
現代の子どもたちに不足している
「自己決定、自己肯定感、他者信頼感」を
醸成できればと考えています。
 


 
 
 
 

  グラサカ交流クラブ
 
 

 
"育成年代の課題"
 
スポーツの本質は「遊び」です。
現代の子どもたちには、この「遊び」が不足しています。
子どもたちは本来、自由なスポーツ遊び(大人が干渉、指導しない)の中で、
社会性を学び、コミュニケーションすることを学んでいました。
 
「仲間、空間、時間」の減少から、何かしらの団体に属さないとスポーツ活動ができない状況です。
 
スポーツ遊びができず、指導者のコーチングポリシーの薄さから、
ただ「うまくなること、勝つこと」を強制され、貴重な学ぶ機会を失っています。
 
このようにスポーツ遊びで学ぶ機会がほとんどない今、
擬似的ではありますがライセンスを持った指導者が、安全で、正しく、楽しい
「スポーツ遊び」をオーガナイズし、再構築することが必要になっています。
 
 
 
 

 
"スポーツファミリーとして"
 
グラサカスポーツ交流クラブは、スポーツ遊び(社会性、コミュニケーションなどの学び)
育成指導で大切にしている子どもは大人のミニチュアではない」、
指導者は子どもたちの未来に触れているというフィロソフィーを共有し、
たくさんのスポーツファミリーと様々な垣根を超え、ひとりでも多くの子どもたちが、
自由なスポーツ遊びを体験する場を提供したいと思ってます。
 
そして、スポーツは勝ち負けにこだわるのではなく、失敗から学ぶこと、
失敗してもやり直せること学び、現代の子どもたちに不足している
「自己決定、自己肯定感、他者信頼感」を醸成できればと考えています。
 
 
 
 

 
 
 
 
 

ダブルメジャー
 

 
" 掛け持ちスポーツのすゝめ"
 
日本では、「◯◯一筋」「◯◯道」という
考え方が根強く、ひとつのことに集中して
極めることに美徳を求めがちです。
しかし、U-8〜U-15年代の育成スポーツ
に関しては、ひとつの種目に絞ることは
必ずしもプラスの効果を生まないことが
科学的にわかってきています。
 

 
ダブルメジャーは2つ以上のスポーツを
同時並行、あるいは季節ごとに変えて
行うことで、異なる運動要素の獲得が
神経系発達の相乗効果を生み、
それぞれのスポーツに適応した
動作パターンを脳が作ることで、
脳の活性化にもつながります。
 

 
外遊び、集団遊びが減少している
現代の子どもたちの生活環境では、
幼児期から児童期に適切な運動量の確保が
難しく、スポーツをするための
"運脳(神経回路)の引き出し"の
積み上げを補完するために、
最適なメソッドであると
グラスルーツサッカーアカデミーは考えます。
 

 

 

ダブルメジャー
 

 
" 掛け持ちスポーツのすゝめ "
 
日本では、「◯◯一筋」「◯◯道」という考え方が根強く、
ひとつのことに集中して極めることに美徳を求めがちです。しかし、U-8〜U-15年代の
育成スポーツに関しては、ひとつの種目に絞ることは
必ずしもプラスの効果を生まないことが科学的にわかってきています。
 

 
ダブルメジャーは2つ以上のスポーツを同時並行、
あるいは季節ごとに変えて行うことで、異なる運動要素の獲得が
神経系発達の相乗効果を生み、それぞれのスポーツに適応した
動作パターンを脳が作ることで、脳の活性化にもつながっています。
 

 
外遊び、集団遊びが減少している現代の子どもたちの生活環境では、
幼児期から児童期に適切な運動量の確保が難しく、スポーツをするための
"運脳(神経回路)の引き出し"の積み上げを補完するために、
最適なメソッドであるとグラスルーツサッカーアカデミーは考えます。
 
 
 
 

デュアルキャリア
 

 
" スポーツの夢、人生の夢 "
 
アスリートとしての人生を歩んでいる人は、
程度の差はあれど、「人」としての人生と、
「競技者」としての人生を同時に送っています。
これまでは、「競技者」としての人生を
終えてから「人」としての人生を歩むという
『セカンドキャリア』の考えが主流でした。
 
しかし、その流れでは人としての
人生のキャリアを送るための準備の遅れや
十分な経験を積めないことが指摘されています。
 
「人」としての人生を“歩みながら”
「競技者」としての人生を歩むための
『デュアルキャリア』という考えを持つことが
重要になっており、そのための環境整備や
支援が必要になっています。
 

出典 : JAPANSPORTCOUNCIL -YouTubeより
 
「人としての人生」と「競技者としての人生」を
同時に送るデュアルキャリアの期間は、
競技者として競技パフォーマンスを発揮する
時期だけでなく、人として大きく
成長する時期でもあります。
 
この時期にライフプランに必要なものを
明確にし、その必要なものを獲得するための
準備が大切になります。
 
これは普通に部活やクラブチームに属している、
中高生の育成年代にも十分当てはまることで、
その時期に指導に関わる指導者は、
このデュアルキャリアについて理解し、
選手としてのパフォーマンスだけを評価せず、
人としてのパフォーマンスと両面で評価し、
サポートする必要があります。
 

 

 

デュアルキャリア
 

 
" スポーツの夢、人生の夢 "
 
アスリートとしての人生を歩んでいる人は、程度の差はあれど、
「人」としての人生と、「競技者」としての人生を同時に送っています。
これまでは、「競技者」としての人生を終えてから「人」としての人生を
歩むという『セカンドキャリア』の考えが主流でした。
 
しかし、その流れでは人としての人生のキャリアを送るための
準備の遅れや十分な準備や経験を積めないことが指摘されています。
 
「人」としての人生を“歩みながら”「競技者」としての人生を歩むための
『デュアルキャリア』という考えを持つことが重要になっており、
そのための環境整備や支援が必要になっています。
 

出典 : JAPANSPORTCOUNCIL -YouTubeより
 
「人としての人生」と「競技者としての人生」を同時に送る
デュアルキャリアの期間は、競技者として競技パフォーマンスを発揮する
時期だけでなく、人として大きく成長する時期でもあります。
 
この時期にライフプランに必要なものを明確にし、その必要なものを
獲得するための準備が大切になります。
 
これは普通に部活やクラブチームに属している、中高生の育成年代にも
充分当てはまることで、その時期に指導に関わる指導者は、
このデュアルキャリアについて理解し、選手としてのパフォーマンスだけを
評価せず、人としてのパフォーマンスと両面で評価し、サポートする必要があります。