ラーニングテーマ
 
 
 

 
CLICK   CLICK   CLICK
 
"ラーニングテーマ"とは、部活動や
学校の授業では学べないことを補完する
ためアカデミーが設定したフィロソフィーです。
 
 

ラーニングテーマ
 
 
 

 
CLICK   CLICK   CLICK
 
"ラーニングテーマ"とは、部活動や学校の授業では学べないことを
補完するためアカデミーが設定した、フィロソフィーです。
 
 
 

サッカーを学ぶ
 
"本質"
 
"原理原則"
 
原理」は物事を成り立たせる
根本的な決まりの意で、主として存在や
認識に関係する。それに対して
「原則」は人間によって社会に適用
するために決められた規則の意で、
主として人間の活動に関係する 
出典 : 三省堂 大辞林
 
簡単に言うと『原理原則とはモノゴトを
成り立たせるための基本的な決まりであり、
活動をするための規則』のこと。
目的を達成するために闇雲に
行動するのでなく、
最低限守ることが必要。
それが原理原則。
 
"サッカーの原理原則"
 
サッカーの目的は、ゴールを奪うこと。
そのためのプレーの判断基準は
オフェンス ディフェンス
ゴールを奪う ゴールを守る
ボールを保持する ボールを奪う
ボールを前進させる ボールを止める
 
このプレーの判断基準を、様々な局面
(一騎打ち、局地戦、総合戦)で
対応するための戦術の理解、スキルの
獲得が必要になります。
 
闇雲に練習量を上げれば獲得できる
という問題ではなく、物事の本質
(原理原則)理解するための、
思考力、創造力、応用力、表現力
を習得することで、
はじめて可能になります。
 
このチカラの習得が、そのまま
自ら道を切り開くチカラになると、
アカデミーは考え、ラーニングテーマに
据えています。
 

 

 

サッカーを学ぶ
 
"本質"
 
"原理原則"
 
「原理」は物事を成り立たせる根本的な決まりの意で、主として存在や認識に関係する。
それに対して「原則」は人間によって社会に適用するために決められた規則の意で、
主として人間の活動に関係する 
出典 : 三省堂 大辞林
 
簡単に言うと『原理原則とはモノゴトを成り立たせるための基本的な決まりであり、
活動をするための規則』のこと。
 
目的を達成するために闇雲に行動するのでなく、最低限守ることが必要。
 
それが原理原則。
 
"サッカーの原理原則"
 
サッカーの目的は、ゴールを奪うこと。
そのためのプレーの判断基準は
オフェンス ディフェンス
ゴールを奪う ゴールを守る
ボールを保持する ボールを奪う
ボールを前進させる ボールを止める

このプレーの判断基準を、様々な局面(一騎打ち、局地戦、総合戦)で
対応するための戦術の理解、スキルの獲得が必要になります。
 
闇雲に練習量を上げれば獲得できるという問題ではなく、
物事の本質(原理原則)理解するための、思考力、創造力、応用力、
表現力を習得することで、はじめて可能になります。
 
このチカラの習得が、そのまま自ら道を切り開くチカラになると、
アカデミーは考え、ラーニングテーマに据えています。
 
 

 

 

サッカーで学ぶ
 
"リスペクト(尊ぶ)"
 
"サッカーの価値"
 
ボールひとつあればサッカーがはじまり、
集まったすべての人が夢中でゴールを目指す。

金持ちも、貧乏人も、善い人も、悪い人も、
強い人も、弱い人も、大きい人も、
小さい人も、男ぽい人も、女ぽい人も、
若い人も、お年寄りも、北半球の人も、
南半球の人も、白い人も、黒い人も、
黄色い人も、少しづつ、ひとつになる。
 
そう、わかっているはず。
 
年齢、性別、国籍、人種、カラー、
障がい、セクシャリティ、サイズ、
そんなものに何の意味もなく、
みんな人間なんだと...
 
言葉を超えたチカラ、
みんなをひとつにするチカラ
きっとこれがサッカーがある意味なんだ。
 


 
この意味の学びが、未来へ開かれた
持続可能な社会の地平を具現化していくため、
これまでのように同じスケールサイズに
収まることが最善とされ、それが"人生の価値"と
いう社会から、社会に存在する多様な
スケールサイズを尊重する社会へ。
 
"共に生きる、共に楽しむことの価値
(インクルージョン)"を、受容する社会へ。
 
そのために必要不可欠な学びが「価値の学び」
であるとアカデミーは考えています。
 

 

 

サッカーで学ぶ
 
"リスペクト(尊ぶ)" 
 
"サッカーの価値"
 
ボールひとつあればサッカーがはじまり、集まったすべての人が夢中でゴールを目指す。
 
金持ちも、貧乏人も、善い人も、悪い人も、強い人も、弱い人も、
大きい人も、小さい人も、男ぽい人も、女ぽい人も、若い人も、お年寄りも、
北半球の人も、南半球の人も、白い人も、黒い人も、黄色い人も、少しづつ、ひとつになる。
 
そう、わかっているはず。
 
年齢、性別、国籍、人種、カラー、障がい、セクシャリティ、サイズ、
そんなものに何の意味もなく、みんな人間なんだと...
 
言葉を超えたチカラ、みんなをひとつにするチカラ
 きっとこれがサッカーがある意味なんだ。
 
 
 
 

 
未来へ開かれた持続可能な社会の地平を創造していくには、これまでのように
同じスケールサイズに収まることが最善とされ、それが"人生の価値"という社会から、
社会に存在する多様なスケールサイズ(ダイバーシティ)を尊重する社会へ。
 
"共に生きる、共に楽しむことの価値(インクルージョン)"を、受容する社会へ。
 
そのために必要不可欠な学びが「価値の学び」であるとアカデミーは考えています。
 
 

 

 

サッカーを本気で遊ぶ
 
"夢の大切さ"
 
"I love Myself"
 
2014年に内閣府が発表した、13歳〜29歳を
対象にした自己肯定感に関する意識調査では、
日本だけが突出して自己肯定感が低く、
フランスやアメリカが自己肯定感の
高い国であることがわかりました。
 



出典 : 平成26年 子ども・若者白書 
 
また、国立青少年教育振興機構が2018年に
行った調査でも、日本人の高校生は
アメリカ、中国、韓国の高校生と
比べて自己肯定感が低い傾向に
あることがわかりました。
 


出典 : 高校生の心と体の健康に関する意識調査
 
この2つの意識調査が、日本の中高校生が
他人に無関心であったり、物事を否定的に
捉えたりという、コミュニケーションスキルや
ソーシャルスキルの低さを裏付けています。
 
この現象の要因は、若者たちが置かれている
環境(家庭、学校、地域)で大きく分岐します。
そして、自己肯定感の低さは、幸福感とも
連動し、社会生活が空虚になり、
利己的に振る舞いがちになります。
 
将来に対する期待もなくなり、自己実現
などいう様々な"夢"をあきらめてしまいます。
 
このような若者たちに"夢"を
持つことの素晴らしさ、
"夢"のために努力することの大切さ、
逆境に負けず挑み続ける勇気など、
"夢"を持つことでしか
得れない事があることを伝えます。
 
アカデミーでは、「本気で遊ぶ」が、
利他的な振る舞いができる
「ひと」に成長できると考えています。
 

 

 

サッカーを本気で遊ぶ
 
"夢の大切さ"
 
"I love Myself"
 
2014年に内閣府が発表した、13歳〜29歳を対象にした自己肯定感に関する意識調査では、日本だけが
突出して自己肯定感が低く、フランスやアメリカが自己肯定感の高い国であることがわかりました。
 



出典 : 平成26年 子ども・若者白書 
 
また、国立青少年教育振興機構が2018年に行った調査でも、日本人の高校生は、アメリカ、中国、
韓国の高校生と比べて自己肯定感が低い傾向にあることがわかりました。
 


出典 : 高校生の心と体の健康に関する意識調査
 
この2つの意識調査が、日本の若者たちが、他人に無関心であったり、物事を否定的に捉えたりという、
コミュニケーションスキルやソーシャルスキルの低さを裏付けています。
 
この現象の要因は、若者たちが置かれている環境(家庭、学校、地域)で大きく分岐します。
そして、自己肯定感の低さは、幸福感とも連動し、社会生活が空虚になり、利己的に振る舞いがちになります。
 
将来に対する期待もなくなり、自己実現などいう様々な"夢"をあきらめてしまいます。
 
このような若者たちに"夢"を持つことの素晴らしさ、"夢"のために努力することの大切さ、
逆境に負けず挑み続ける勇気など、"夢"を持つことでしか得れない事があることを伝えます。
 
アカデミーでは、「本気で遊ぶ」が、利他的な振る舞いができる「ひと」に成長できると考えています。