出典 : スポーツ庁 -YouTubeより
 
出典 : スポーツ庁 -ホームページより
 
出典 : スポーツ庁 -YouTubeより
 
出典 : スポーツ庁 -ホームページより

学力と運動

 
"脳を鍛える"
 
学力を上げるには「記憶力」と
「集中力」を向上させることが
必要ですが、そのためには脳の中にある
「海馬」を成長させることが不可欠です。
 
その記憶中枢として脳にある「海馬」は
運動によって刺激を受けると成長することが、
医学的に判明しています。
 
スポーツ教室では、ラダーや
リズムトレーニング、シナプソロジーなど
「脳がパニック」を起こすメニューが満載です。
この「脳のパニック」が効率よく
「記憶中枢」を刺激し、
「海馬」の成長を促します。
 

 
"学力と運動の関係"
 
スウェーデンのブンケフロという町の
小学校で、毎日体育の授業をするクラスと、
週2回体育の授業をするクラスを設けて、
運動能力と学力の相関関係についての研究が
行なわれました。
 
その結果、毎日体育の授業を行ったクラスは、
体育が週2回のクラスに比べて、
算数、国語、英語の成績が
良かったことがわかったのです。
 
日本でも、文部科学省による小中学校の
全国都道府県学力テストの
結果と体力・運動能力の
調査結果を照らし合わせたところ、
「運動のできる子どもは勉強もできる」
傾向があることがわかっています。
 

学力と運動

 

 
"脳を鍛える"
 
学力を上げるには「記憶力」と「集中力」を向上させることが必要ですが、
そのためには脳の中にある「海馬」を成長させることが不可欠です。
 
その記憶中枢として脳にある「海馬」は運動によって刺激を受けると
成長することが、医学的に判明しています。
 
スポーツ教室では、ラダーやリズムトレーニング、シナプソロジーなど
「脳がパニック」を起こすメニューが満載です。
 
この「脳のパニック」が効率よく「記憶中枢」を刺激し、
「海馬」の成長を促します。
 

 
"学力と運動の関係"
 
スウェーデンのブンケフロという町の小学校で、毎日体育の授業をするクラスと、
週2回体育の授業をするクラスを設けて、運動能力と学力の相関関係に
ついての研究が行なわれました。
 
その結果、毎日体育の授業を行ったクラスは、体育が週2回のクラスに比べて、
算数、国語、英語の成績が良かったことがわかったのです。
 
日本でも、文部科学省による小中学校の全国都道府県学力テストの
結果と体力・運動能力の調査結果を照らし合わせたところ、
「運動のできる子どもは勉強もできる」傾向があることがわかっています。
 

才能でなく上達の秘訣は"脳"ある 

 
"生まれつき運動オンチはいない!"
 
運動神経とは、運動の指令が脳から筋肉まで
送られるときの「情報の通り道」のこと。
 
脳から命令が出て運動につながるまでの
神経のシステムを神経系といいます。
 
神経系は、脳と脊髄(せきずい)からなる
「中枢神経系」と、そこから出る信号を
末端まで送る「末梢神経系」に
分かれています。
 
運動神経は、この末梢神経系の
一部に必ずあるものです。
 
運動神経がなければ、手を思い通りに
動かして文字を書くことも、
箸でご飯を食べることもできません。
 
運動神経の有無に個人差はなく、誰にでも
同じように備わっているものなのです。
 
そう説明すると、運動に苦手意識の
ある方は、「脳からの指令を伝達する
スピードが遅いはずだ」と思うかもしれません。
しかし、脳から筋肉に情報を伝える
「伝導速度」にも個人差はありません。
 

 
"センスのよさは「脳」の働き"
 
スポーツにおけるうまい、下手の判断基準は、
「ある動作を思い通りにできる人か、
頭ではわかっているのに身体を思うように
動かせない人か」で分かれます。
 
「あの人はセンスがある」というとき、
それはつまり、「自分の身体を自由自在に
操っている人」を指しています。
 
ただ、それは生まれ持った才能ではなく、
そのスポーツをやる上で必要な動きの
引き出しをどれだけ積み上げたかという、
後天的な環境の違いによって決まってきます。
 
つまり、どのようなトレーニングを積んで、
運脳神経(脳の神経回路)をたくさん
作ったかどうかによって決まります。
 

才能でなく上達の秘訣は"脳"ある 

 

 
"生まれつき運動オンチはいない!"
運動神経とは、運動の指令が脳から筋肉まで送られるときの「情報の通り道」のこと。
 
脳から命令が出て運動につながるまでの神経のシステムを神経系といいます。
 
神経系は、脳と脊髄(せきずい)からなる「中枢神経系」と、
そこから出る信号を末端まで送る「末梢神経系」に分かれています。
運動神経は、この末梢神経系の一部に必ずあるものです。
 
運動神経がなければ、手を思い通りに動かして文字を書くことも、
箸でご飯を食べることもできません。
 
運動神経の有無に個人差はなく、誰にでも同じように備わっているものなのです。
 
そう説明すると、運動に苦手意識のある方は、「脳からの指令を伝達するスピー
ドが遅いはずだ」と思うかもしれません。しかし、脳から筋肉に情報を伝える
「伝導速度」にも個人差はありません。
 

 
"センスのよさは「脳」の働き"
スポーツにおけるうまい、下手の判断基準は、「ある動作を思い通りにできる人か、
頭ではわかっているのに身体を思うように動かせない人か」で分かれます。
 
「あの人はセンスがある」というとき、それはつまり、
「自分の身体を自由自在に操っている人」を指しています。
 
ただ、それは生まれ持った才能ではなく、そのスポーツをやる上で必要な動きの
引き出しをどれだけ積み上げたかという、後天的な環境の違いによって決まってきます。
 
つまり、どのようなトレーニングを積んで、運脳神経(脳の神経回路)を
たくさん作ったかどうかによって決まります。
 

 スポーツ教室について

 

開催日 毎月 第1・第3 土曜日
開催時間 10:00〜11:40
開催場所

安佐公民館 体育館
(安佐北区安佐町大字飯室3455-1)

参加対象 1年生〜4年生まで
参加費用 1回 300円
参加準備 運動のできる服装、体育館シューズ
(タオル、着替え、飲料水などは適量を持参)
ケガ 応急処置はいたしますが、事後は本人さんでの対応をお願いいたします
駐車場 安佐公民館の敷地内の駐車場への駐車をお願いいたします


会場地図

スポーツ教室について

 

 

開催日 毎月 第1・第3 土曜日
開催時間 10:00〜11:40
開催場所

安佐公民館 体育館(安佐北区安佐町大字飯室3455-1)

参加対象 小学1年生〜4年生まで
参加費用 1回 300円
参加準備 運動のできる服装、体育館シューズ、その他(タオル、着替え、飲料水などは適量を持参)
ケガ 応急処置はいたしますが、事後は本人さんでの対応をお願いいたします
駐車場 安佐公民館の敷地内の駐車場への駐車をお願いいたします


会場地図

 

HOME | グラサカスポーツ教室

お問い合わせ、お申し込みなど