スポーツでevolutionする ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ 

 

飛躍、躍進、進化
潜在力、可能性、覚醒
未来、将来、必然

 

明日のアスリートたちのために

 
 

スポーツでevolutionする・・・

 

飛躍、躍進、進化
潜在力、可能性、覚醒
未来、将来、必然

 

明日のアスリートたちのために

交流会について  Exchange meeting
交流会について  Exchange meeting

"スポーツの効果"


子どもたち(U-12年代)が、いろいろなスポーツ体験を通して「たくさん失敗」しても、「全然平気なんだよ!、大丈夫なんだよ!」「失敗から学べはいいんだよ!」というトライ&エラーの中で成長し、失敗を恐れないポジティブさを養うこと。
 
そして、やったことのないスポーツに挑戦することで、今まで使っていなかった「脳回路」を刺激し、スポーツIQを高めていくことで、子どもたちの学力も同時に向上していくこと。
 
これらの効果を期待し、このスポーツ交流会を企画しています。
 
 

"運動と学力"


スウェーデンのブンケフロという町の小学校で、毎日体育の授業をするクラスと、週2回体育の授業をするクラスを設けて、運動能力と学力の相関関係についての研究が行なわれました。その結果、毎日体育の授業を行ったクラスは、体育が週2回のクラスに比べて、 算数、国語、英語の成績が良かったことがわかったのです。
 
日本でも、文部科学省による小中学校の全国都道府県学力テストの結果と体力・運動能力の調査結果を照らし合わせたところ、 「運動のできる子どもは勉強もできる」傾向があることがわかっています。
 
集団で行なうスポーツに挑戦させると効果も上がる
サッカーやホッケー、ハンドボールなど、集団で行なうスポーツでは、それぞれの考えを持つチームメンバーの中で 自分の意見を主張したり、 他のメンバーの意見を理解したり、自分よりも レベルの高いメンバーにライバル心を燃やしたりといった、さまざまな場面があります。こうした経験は、子どもの 思考力や共感力、社会性の向上にもつながります。また、「みんなで協力してひとつの目標に向き合い、悲しみや喜びを分かち合う」「熱中できるものがある」という経験は、子どもにとって一生の思い出にもなります。
 
 

"脳を鍛える"


学力を上げるには「記憶力」と「集中力」を向上させることが必要ですが、そのためには脳の中にある「海馬」を成長させることが不可欠です。その記憶中枢として脳にある「海馬」は運動によって刺激を受けると成長することが、医学的に判明しています。
 
スポーツ交流会では、ラダーやリズムトレーニング、シナプソロジーなど「脳がパニック」を起こすメニューが満載です。この「脳のパニック」が効率よく「記憶中枢」を刺激し、「海馬」の成長を促します。
 
「運脳」ができることで、スポーツに必要なコーディネーション能力(図1)も獲得することができ一石二鳥的の効果があります。
 
図1
コーディネーションの7つの能力
リズム リズム感を養い、タイミングを上手くつかむ能力
バランス バランスを正しく保ち、崩れた姿勢を立て直す能力
定位 動いているものと自分の位置関係を把握する能力
反応 合図に素早く反応し、適切に対応する能力
認識 道具やスポーツ用具などを上手に操作する能力
連結 身体全体をスムーズに動かす能力
変換 状況の変化に合わせて、素早く動きを切り替える能力
 
 

"目指せアスリート"


U-12年代はゴールデンエイジと言われており、この時期のスポーツ体験が「神経系の発達」に大きく影響します。その根拠となっているのが「スキャモン曲線」という医学データです。このグラフによると、20歳を100%とした場合、神経系の発達曲線は10歳前後で90%まで上昇し、12歳前後でほぼ100%に達します。
 
そのピークを向かえる12歳前後までに、いろいろなスポーツを体験し、運動をするための「神経回路(運脳)」をたくさん作り、脳イメージと身体動作のギャップをどれだけ小さくできるかが、スポーツ選手としてトップを目指せるかどうかの分岐になります。
 
この交流会をキッカケに、子どもたちが「やらされる⇒身につける」トレーニングに取り組み、学力も向上し、トップアスリートを目標にできる飛躍の一助になればと思っています。
 

"スポーツの効果"


子どもたち(U-12年代)が、いろいろなスポーツ体験を通して「たくさん失敗」しても、「全然平気なんだよ!、大丈夫なんだよ!」「失敗から学べはいいんだよ!」というトライ&エラーの中で成長し、失敗を恐れないポジティブさを養うこと。
 
そして、やったことのないスポーツに挑戦することで、今まで使っていなかった「脳回路」を刺激し、スポーツIQを高めていくことで、子どもたちの学力も同時に向上していくこと。
 
これらの効果を期待し、このスポーツ交流会を企画しています。
 
 

"運動と学力"


スウェーデンのブンケフロという町の小学校で、毎日体育の授業をするクラスと、週2回体育の授業をするクラスを設けて、運動能力と学力の相関関係についての研究が行なわれました。その結果、毎日体育の授業を行ったクラスは、体育が週2回のクラスに比べて、 算数、国語、英語の成績が良かったことがわかったのです。
 
日本でも、文部科学省による小中学校の全国都道府県学力テストの結果と体力・運動能力の調査結果を照らし合わせたところ、 「運動のできる子どもは勉強もできる」傾向があることがわかっています。
 
集団で行なうスポーツに挑戦させると効果も上がる
サッカーやホッケー、ハンドボールなど、集団で行なうスポーツでは、それぞれの考えを持つチームメンバーの中で 自分の意見を主張したり、 他のメンバーの意見を理解したり、自分よりも レベルの高いメンバーにライバル心を燃やしたりといった、さまざまな場面があります。こうした経験は、子どもの 思考力や共感力、社会性の向上にもつながります。また、「みんなで協力してひとつの目標に向き合い、悲しみや喜びを分かち合う」「熱中できるものがある」という経験は、子どもにとって一生の思い出にもなります。
 
 

"脳を鍛える"


学力を上げるには「記憶力」と「集中力」を向上させることが必要ですが、そのためには脳の中にある「海馬」を成長させることが不可欠です。その記憶中枢として脳にある「海馬」は運動によって刺激を受けると成長することが、医学的に判明しています。
 
スポーツ交流会では、ラダーやリズムトレーニング、シナプソロジーなど「脳がパニック」を起こすメニューが満載です。この「脳のパニック」が効率よく「記憶中枢」を刺激し、「海馬」の成長を促します。
 
「運脳」ができることで、スポーツに必要なコーディネーション能力(図1)も獲得することができ一石二鳥的の効果があります。
 
図1
コーディネーションの7つの能力
リズム リズム感を養い、タイミングを上手くつかむ能力
バランス バランスを正しく保ち、崩れた姿勢を立て直す能力
定位 動いているものと自分の位置関係を把握する能力
反応 合図に素早く反応し、適切に対応する能力
認識 道具やスポーツ用具などを上手に操作する能力
連結 身体全体をスムーズに動かす能力
変換 状況の変化に合わせて、素早く動きを切り替える能力
 
 

"目指せアスリート"


U-12年代はゴールデンエイジと言われており、この時期のスポーツ体験が「神経系の発達」に大きく影響します。その根拠となっているのが「スキャモン曲線」という医学データです。このグラフによると、20歳を100%とした場合、神経系の発達曲線は10歳前後で90%まで上昇し、12歳前後でほぼ100%に達します。
 
そのピークを向かえる12歳前後までに、いろいろなスポーツを体験し、運動をするための「神経回路(運脳)」をたくさん作り、脳イメージと身体動作のギャップをどれだけ小さくできるかが、スポーツ選手としてトップを目指せるかどうかの分岐になります。
 
この交流会をキッカケに、子どもたちが「やらされる⇒身につける」トレーニングに取り組み、学力も向上し、トップアスリートを目標にできる飛躍の一助になればと思っています。
 
コーチプロフィール  Coach profile
コーチプロフィール  Coach Profile
サッカー&フットサル&ハンドボール

福原 峰夫 (コーチネーム : Gonzou)

⚽ 日本サッカー協会 サッカーC級コーチ
⚽ 日本サッカー協会 フットサルC級コーチ
⚽ 日本サッカー協会 キッズリーダー
⚽ イングランドサッカー協会
    障がい者サッカー ゼネラル
⚽ アジアサッカー連盟 C-Licence
⚽ さっかーりょういく 初級コーチ
🏃 スポーツリズムトレーニング協会
    ディフューザー
🏃 日本障がい者スポーツ協会 スポーツ指導員
🏃 日本スポーツ協会 公認コーチ1
ホッケー

ハンドボール

バレーボール

バスケットボール

バトミントン

お問い合わせ
お問い合わせ